診療内容

インプラント治療

インプラントとは、チタン等でできた人工歯根のことです。
入れ歯などとは違い、他の健康な歯を傷めたり削らずにできます。

インプラント治療は、従来入れ歯やブリッジでしか対応できなかった歯を失った部位に、
天然歯の根部分の代わりをする人工歯根を入れて、再び噛む機能を回復させる治療のことです。
このため、入れ歯では噛む事が難しかった物も噛めるようになり、取り外す必要もなくなります。
今まで人前で口元が気になっていた方は、食事や会話が楽しくできるようになります。
お口の中の機能回復と自然な審美性を追求した治療方法です。

また、入れ歯を使いやすくするためにインプラントを埋入すると、
入れ歯を小さくしたり、外れないようにして使いやすくすることができます。

インプラントの種類

(1)単独のインプラント(歯が1、2本ない方向け)

インプラントを歯の無い部分に埋入し、歯の形の人工歯をとりつけます。
この治療を行うことで、お口の中の機能回復と自然な審美性が追求できます。

 

(2)ブリッジのインプラント(隣接する歯が3本以上ない方向け)

数本のインプラントを歯の無い部分に埋入し、ブリッジをかぶせます。
ブリッジがインプラントを支持するので、インプラントの本数を少なくできます。
この治療を行うことで、お口の中の機能回復と自然な審美性が追求できます。

 

(3)入れ歯のためのインプラント(歯がなく総入れ歯の方向け)

数本のインプラントを埋入し、入れ歯が動いてずれたりしないようにします。
この治療を行うことで、入れ歯を小さくしたり、外れないようにして使いやすくすることができます。

機械式固定タイプ マグネットタイプ はめ込み連結タイプ

入れ歯のためのインプラントを埋め込んだ状態

 

インプラント治療の流れ

(1)検査と治療計画

お口の中を確認し、あごの形状や骨密度を調べるため
CTスキャンとレントゲンを撮ります。

 

(2)インプラントの埋め込み手術

麻酔をして、あごの骨にインプラントと同じ大きさの穴を形成します。
そこにしっかりと固定するようにインプラントを入れ、
約3〜6ヶ月の間、あごの骨とインプラントがしっかり結合するのを待ちます。

 

(3)人口歯に連結部分(アバットメント)を結合

あごの骨とインプラントがしっかり結合したら、インプラント体の頭の部分を露出し、
人工歯を取り付けるための連結部分(アバットメント)を装着します。

 

(4)人工歯の製作

型をとり、人口歯を製作します。

 

インプラント治療のご相談

インプラント治療のご相談をお気軽にお問い合わせください

TEL:0120-568241(フリーダイヤル)TEL:082-232-7626 WEB診療予約(予約状況の確認もこちら)

●診察科目
歯科・小児歯科・口腔外科・予防歯科・審美歯科・インプラント

インプラント治療のご相談も、お気軽にお問い合わせください。

十日市歯科クリニック
院長 後藤光宏
〒730-0805
広島市中区十日市町1丁目5-28
十日市ゴトービル2F
tel:082-232-7626